工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、建材が病気を引き起こす要因になっているかもしれないというお話をしました。

でも、建材だけが病気を引き起こしてるわけではありません。

じつは、間取りもそうなんです。

この「間取り」が誰にどのように影響を与えているか?

子ども、夫婦、高齢者に影響を与えているんです。

その要因には、「日当り」「寒暖」「湿気」「風通し」「空気汚染」「悪臭」「暗い」「狭い」。

それから、「不衛生」。

狭い部屋ほど、不衛生になりやすいですね。

何故かと言うと、いろんなものがあって、掃除しづらいからです。

だからホコリがたまる。

それが、喘息を引き起こしてたりするんです。


子供にはどんな影響が及ぶんでしょうか?

「住環境」がよければ良いかって言うと、そうでもないんです。

子ども部屋を快適な環境にすると、

「なかなか自立できない」

「ねばりがない」

という結果になりかねません。

この話は、また別の機会にお話します。


では、夫婦にはどんな影響が及ぶと思いますか?

夫婦の寝室はある程度の広さが必要です。

寝るだけだから、4畳半でいいじゃないか。

あなたは、どう思います?


毎日の食事と同じで、睡眠は非常に大事です。

睡眠によって日中の疲れをとってるんです。

また、昼間に取り入れた情報を処理するという役割もしてます。

だから、その大切な時間を過ごす場所が狭くて、劣悪な環境だといい夢も見れません。

ですから、「寝る」場所は環境をよくしておかないと。
 

そして、高齢者にはどんな影響が及ぶんでしょうか?

狭いと移動する時に、いろんな物にぶつかったりします。

何故かというと、狭いところに最低限、必要なものをそこへ置きます。

もしかしたら、タンスの上に物を置いたりします。

阪神・淡路大震災の時に何万人という相当の人が怪我をしました。

狭い部屋にいて、上から物が落ちてきた、タンスが倒れてきたんです。

もしかしたら、部屋が広ければけが人がもっと少なかったかもしれません。


このように間取り一つで、病気や怪我をしなくてすむんです。

命を守るはずの家ではありませんか?

ぜひ、健康で楽しい生活が送れる家を建ててください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。