工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、みなさん。


最近、震災から現在までを振り返る報道を見ました。

お盆は、人のつながりについて考えるいい機会ですからね。


震災後、ずっと報道やメルマガのチェックをしていますが、

沢山の意見に触れ、考えさせられることも多々あります。


テレビの報道から一つ・・・。


震災直後の頃、避難所となった学校で、

被災した女性の皆さんが、食材を持ち寄って調理していました。

廃材を燃料にしたり、流された家屋から調味料を見つけたり。

校庭では、被災した男性の皆さんが、自らトイレを建設中。

パワーショベルで穴を掘る人もいれば、

トイレの壁を作る人もいます。

その手際の良さを見て

「おっ、プロがいたのかな?」

と、嬉しくなりました。


男女問わず、自ら動くその姿。

創意工夫する様子。

とても心に残りました。


メルマガからも一つ・・・。


地震発生の翌日、

「建設業の人は、今こそ仕事をガンガン取りなさい」

というメルマガがあったんです。

それに対して、とてもたくさんの批難がありました。

確かに、一見「今のうちに稼げ」という風にも見えます。


しかし、そのメルマガが本当に伝えたかったのは

「地元の人達を守るのは、これまで

 地元で家を建てさせてもらっていた建設業者の任務。

 適正な金額で、地元の気候風土に合わせた家を建てられるのは

 地元の業者しかいない。

 悪徳業者が入り込む隙を、絶対に与えるな」

ということでした。

「絶対に皆を守るんだぞ」

と。


みなさん、阪神淡路大震災を思い出して下さい。

不当な金額で食料品などを販売している人がいましたね。

『困っている人の足もとを見る』という行為です。


適正な金額で、責任を持って仕事をして、相手に喜んでもらう。

それがまた、自分の喜びになる。

それが、正しい商売というもの。


今回の被災地近辺では、商店は、早朝から営業していました。

ガソリンスタンドは、少しでも多くの人に行き渡るよう、

給油量の制限をしていました。

どちらも、適正な金額で販売することで、

消費者に喜ばれています。

地元の踏ん張りは、被災者を勇気づける力を持っています。


また、右往左往した印象をぬぐえない政府に対して、

凛とした被災者の様子が、世界中の人の心を動かしました。


復興には、まだまだ時間がかかるでしょう。

あなたが住む地域も、

今後、災害に襲われることがあるかもしれません。

そんな時、「支え合おう」とする地域の力があると

心強いですね。




兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com



スポンサーサイト
こんにちは、みなさん。


ちょっと前の話ですが

2010年10月、国土交通省が行った抜き打ち検査で

ある問題が発覚しました。

「三協立山アルミ」が扱うサッシ窓が、国の耐火基準を

満たしていないことが分かったんです。


その3か月後、国土交通省は、

(社)カーテンウォール・防火開口部協会に

他の大手サッシメーカーを調査するよう指示します。

なぜ、この協会に指示したかというと、

ここが、国土交通省に代わって審査する機関だったからです。

調査の結果、「YKK AP」「新日軽」「不二サッシ」

「トステム」の4社にも、同じ問題があることが判明しました。


建築基準法では、住宅密集地での延焼を防ぐために、

炎の熱に20分以上耐えて、ガラスから窓枠が外れない性能を

求めています。

20分持ちこたえられなかったら、その製品は違法です。


・・・大手企業ばかりですね。

実は、木造住宅用のアルミサッシ・ドアのシェアを見ると、

この5社でほぼ100%を占めるんです。

違法が判明した製品を使った家は、

 トステム   約10,000棟

 YKK AP   約9,500棟

 三協立山アルミ 約7,000棟

 新日経     約3,800棟

 不二サッシ     約 120棟

となっています。

当然、やり直し。

現場は大変です。

交換したり、内窓を付けるなどの対策をしたり。


防火地域・準防火地域に木造住宅を建てるには、厳しい基準があります。

現在新築中で、該当する製品を使った工務店などは大変です。

完成しても、完了検査でOKが出ないでしょうから。


この原因の一つは、これまでの審査体制にあります。

製品を実際に試験しないと申請できない、というシステムなら良かったんです。

しかし実際には、(社)カーテンウォール・防火開口部協会

による書類審査だけ。

試験に多額の費用がかかるため、メーカー側は

出荷前の耐火実験を、ほとんど実施していませんでした。


今後の対策として、アルミ樹脂複合窓については、

(社)カーテンウォール・防火開口部協会ではなく、

各企業が個別の製品ごとに性能を確認し、大臣認定を受けるよう

指示するとのこと。


実は、似たような問題は、以前にもありました。

国の試験を受ける製品だけ耐火基準を満たす、という偽装工作です。

全関係者が悪いわけでもなく、全製品が悪いわけでもありません。

ただ、どうしても、多少の不信感を感じてしまいます。


あなたの周囲に、この件に該当する方が

いらっしゃるかもしれません。

念のために、消費者相談窓口を記載しておきますね。

      ↓ ↓ ↓

 ★★ (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター ★★

 住まいるダイヤル

 電話番号:0570-016-100

     (PHSやIP電話等の場合、03-3556-5147)

 相談時間:午前10時~12時、

      午後1時~5時(土日祝日を除く。)



では、また。





兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com


みなさん、こんにちは。


今の不況が変化するのは、まだ先のようですね。

平成22年10~12月の完全失業率を見てみると、

全国平均で4.8%。

前年同期と比べて、0.2%低下しています。

わずかに改善されている程度です。

収入の調査を見ても、年収300万円以内の人が

全体の6割を占めています。

毎年確実に昇給があって、高額の定年退職金が支給されていた時代には

考えられないような状況ですね。


ということで、生活者のお金に対する考え方も変化しています。

心豊かな生活を楽しむために、限られたお金を有効に活用する傾向が見られます。

それは家づくりに関しても同様です。

最近の調査では、

「住宅の状態が良好であれば、新築・中古にこだわらない」

と考える人が増えてきました。

特に20代にその傾向が見られます。

20~30代では、子どもの成長に合わせて、

家づくりを考えるケースが多いもの。

準備期間が短い上に限られた収入なので、自己資金が不足気味。


「大丈夫。なんとかなるよ」

と考えて、自己資金ゼロで、住宅ローンだけで家づくりをする人もいます。

でも「なんとかならなかった」人も、現実にいますよね。

「なんとかする」ための準備を軽く考えない方がいい、と思いませんか?


ちなみに、住宅ローンの借入金の割合を見ると、

年収600万未満の家庭では、過半数の世帯が80%を越えています。

例えば、家づくりに2500万円かかるとして、

20%の自己資金を用意するとしたら、500万円。

仮に、毎月5万円貯金したら?

・・・8年4ヶ月で500万円達成です。


そのほかに、入居後に安心して暮らせるための蓄えも必要です。

目安としては、年収の3~6か月分に相当する金額です。


あなたには家づくりの予定がありますか?

「いずれは欲しいけど、いつになるやら」

という状況なら、ラッキーですね。

なぜなら、自己資金を作るための準備期間が確保できるからです。

安心して生活するためには、無理の無い返済をしなければいけません。


どんなに新築を希望していても、資金状況によっては難しい場合もありますね。

その時は、中古も選択肢に入れた方がいいかも。

今は「住宅履歴情報」といって、メンテナンスなどの情報を記録することで、

ある程度、安心して中古住宅を購入できるようにもなりました。

まだ全体ではないんですが、そういった動きがあるのは嬉しいことです。


新築にしても、中古にしても、自己資金の多さは

生活の不安感を減らしてくれます。

とは言っても、今の住まいの賃料を支払いながら貯蓄をするのは大変。

あれこれ節約する部分も出てくるでしょう。

だから、家族の理解は欠かせません。

「目的のためにコツコツ頑張ることの大切さ」

を、ぜひ家族で話し合ってみて下さい。



繰り返しますが、家づくりの予定がまだ無いのなら、

貯蓄期間を長く取れるのでラッキーです。

「夫が(妻が)家づくりを真剣に考えてくれなくて・・・」

という悩みも聞くんですが、考えない人の中には

「お金が無いから、欲しいけど考えないようにしている」

という人もいます。

「絶対に、一生賃貸で暮らしたい」

と考えている人とは、また別の話です。


それに、早い時期から資金計画を意識しておけば、

衝動買いなどの後悔するお金の使い方が減り、

より賢い消費者になれますよ。





兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。