FC2ブログ

工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、みなさん。


あなたは、普段の生活の中で家族と意見が食い違うことはありませんか?

「お正月休みは旅行に行きたい」

「いや、絶対に帰省する」

とか。

旅行に行けることになったとしても、

ご夫婦は、温泉旅行で日頃の疲れを癒したくても子どもは

「遊園地でないとイヤだ」

と言ったり。


家づくりも同じです。

家族の意見の食い違いで、ストレスを感じる場合があります。


「私は子どものために、すぐにでも新築したい。

 でも主人は、まだまだ先でいいと言って、話を聞いてくれない・・・」

「この土地が好きなので、同じ地域に新築したい。

 でも主人は、いずれ実家に帰ると言うし・・・」


結局、どちらかが相手に合わせて我慢することになります。

我慢はストレスを生み、相手に対する信頼感が減っていきます。

子どもはそんな空気を敏感に感じ取るので、親の顔色を窺うことになります。


考えるだけで気が滅入りますね。


でも、悪いことばかりではありません。

相手は、自分と違う人生を生きてきた人。

配偶者も子どもも、自分が経験していないことをいろいろ経験しています。

つまり、意見の食い違いは、相手や、もっと広い世界を知るチャンスなんです。

それに、あなたのことを、より深く知ってもらえる絶好の機会。

そのチャンスを利用しない手はありませんよ。


意見が食い違う時、相手を責めるのではなく、最初に

「あなたにとって、その行動の目的は何なのか」

「なぜそう思うのか」

ということを尋ねてみましょう。

この時、自分の意見を通すことを目的とせず、

『お互いに納得できる答えを探すための話し合い』

という意識を持つことが大切です。


仮に、奥様の家づくりの目標が『子どもとの今の生活を楽しむため』

ご主人の目標が『老後の二人の生活を楽しむため』

だとしましょう。

お互いが『家』に求めるものが違いますよね。

違うことが分かったら、

「なぜ、そう思うの?」

と尋ねてみてください。

そうすることで、相手の考えの意味が分かります。

そして、相手の考え方を知ると、自分の考え方を見つめ直すこともできます。

自分の考え方を伝えることで、相手に新しい視点が生まれるかもしれません。

家族の根っこには愛情がありますから、

『相手を幸せにしてあげたい』

という気持ちを忘れなければ、よりよい着地点を見つけられるはずです。


少し前に

「某テレビ局が、某国の芸能人や番組を頻繁に取り上げすぎだ」

ということで、論争が起きていました。

批判した人がレギュラー番組から消えたり、パッシングを受けたり。

でも、自分と違う考え方を持つ人がいることは当然のことなんです。

みんなが同じ考えを持っている方が怖いんです。

 ・某テレビ局が、そのように動く目的は何なのか。

 ・批判する人は、どういう目的でテレビを見ていたのか。

まずは、そこを考えることが大切です。


このような出来事があった時は、

情報リテラシー(情報を使いこなす能力)を磨く良い機会です。

 ・情報には嘘が紛れ込んでいるかもしれない。

 ・情報は、自分で取捨選択しなければいけない。

 ・情報を、自分の意思決定の参考にするのはOK。

 ・情報に振り回されるのはNG。

これは、家づくりの業者選びにも言えることですね。


世の中にはいろんな考え方があって、それを表現することは大切なことです。

でも、自分の考え方に合っていないからといって、一方的に非難するのは

正しいことだとはいえません。

どうしても受け入れられないのであれば、距離をおけば済むことです。

そうすれば、いじめ問題も減ると思うのですが。


・・・話が脱線してしまいましたね。(^^;)


先ほども言いましたが、

家族の始まりには夫婦の愛情があります。

家族が増えても、年月が経っても、その根っこには愛情があります。

ただ、誰かが自我を通そうとする限り、いつまで経っても平行線のままです。

『家族みんなが、今よりもっと幸せに暮らすには?』

という視点を大切にすると、実りある話し合いができますよ。

あなたが、家族と意見が食い違った時の参考になれば幸いです。




では、また。




兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

スポンサーサイト
こんにちは、みなさん。


あなたは「中水」という言葉、聞いたことがありますか?

上水と下水の間で、「飲料には向かないけど捨てるには惜しい水」。

つまり、雨水や風呂水のことです。

風呂水を洗濯用に活用している人は多いですよね。

では雨水は?

ただ垂れ流しているだけの家庭がほとんどではないでしょうか。


中水は、トイレ用や庭の散水用などに使われます。

東京都水道局の調査によると、一般家庭では、

使用料全体の24%をトイレ用として使っています。

この全てを中水にするのは難しいかもしれません。

しかし、中水を利用できる体制を整えておけば、

水道代を節約できるし、災害や断水の際も心細さが減ります。


「断水で、風呂と洗濯とトイレの水に困った」

という声は、よく聞きます。

井戸水が使えるなら最高ですが、手軽に設置できるものではありません。

一方で、雨水は量に限りはあるものの、貯えるのは簡単です。


ホームセンターでは、雨水タンクが販売されています。

雨水タンクは、雨どいから流れ落ちる水をタンクに保存するものです。

雨どいの近くに設置するので、結構目立ちます。

以前はデザイン性に「?」と感じる製品が多かったのですが

(すみません。あくまでも私見です)

今では種類が豊富になり、選ぶ楽しさが増えました。

紫外線をカットしたり、ゴミを取り除く性能がアップしたりと、

性能面も向上しています。


もし、あなたが

「新築する時に、もっと大量に貯水できるようにしておきたい」

というのなら、地下に貯水タンクを埋めるのもいいでしょう。

1千リットル貯水できるタンクもあります。

地盤改良などとの兼ね合いもあるので、

希望する時には早い段階で業者に伝えてください。


ただ、業者によっては、中水をトイレ用に使いたくても、

配管などの対応できない場合があるので、注意してください。

エコ意識の高い業者なら、さらに良い案を提供してくれるかもしれません。


また、全国の自治体も補助金・助成金でサポートしています。

ちなみに、毎年のように渇水で悩む香川県高松市の助成額は、

設置費用の2/3(最高10万円)です。

「同年度に1回」ですから、数年に分けて設置するのもいいですよね。

香川県では、渇水で給水制限が出て、ガソリンスタンドの洗車機が

使えなくなるということが度々あります。

庭の植物に散水していたら、白い目で見られます。


水道水を作るには、電力が必要です。

あなたの節水努力は、節電にも役立ちます。

電力も水も限りある資源。

大切に使いたいものですね。



では、また。



兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

こんにちは、みなさん。


友人に九州出身の人がいます。

夏は、車のハンドルを触るとやけどしそうなほど暑い地域で、

(熱くて触れないので、軍手や手袋を車に常備していたそうです)

夕方になると、ワイパーを最速で動かしても前が見えないほどの夕立ちが

たびたび来るそうです。

本州や四国で10年以上暮らした時に、そんな雨が降らなかったので

「南国特有の雨の降り方なんだな」

と思ったとか。


でもここ数年、『ゲリラ豪雨』と名を変えて、

全国各地で滝のような雨が降るようになりました。

温暖化が、確実に進んでいるんですね。

台風による大雨もそうですが、雨や湿気は家に大きなダメージを与えます。

あなたの大切な家を守るために、一緒に対策を考えてみましょう。


●大雨が土地・建物に与える影響は?

 カビ・シロアリ・腐食などがあげられます。

 また、土地自体の水はけが悪い場合、地番沈下による建物の損傷の危険も。

 そして、地震が起きた時には、液状化の被害に逢う可能性が高いんです。

 これから土地を探す予定なら、水はけや周囲の排水対策も確認してくださいね。


●建物のチェックは?

 みなさん、まずはベランダを見てみましょう。

 糸くずや髪の毛が落ちていませんか。

 大雨で一気に排水溝に集まり、雨どいが詰まる原因になるかもしれません。

 ベランダと開口部の段差が少ないと、部屋にまで雨水が流れ込む可能性もあります。

 ベランダの床は定期的に掃除しておきましょう。


 次に心配なのは屋根です。

 でも、知識の無い人が屋根に上ると、屋根を傷めたり雨漏りの原因になります。

 気になる場合は、屋根の専門業者に点検してもらった方が安心です。

 ところで、家の外壁に亀裂は入っていませんか?

 その亀裂が、名刺がスッと入るくらいの幅なら、できるだけ早く補修してください。

 もう下地にまで腐食が進んでいるかもしれません。

 一部分だけがいつまでも濡れていたり、コーキングがはがれている場合も、

 早めの補修が必要ですよ。


 それから、建物のそばにある木を見ましょう。

 枝が折れた時、窓や壁に被害を与えそうなら、剪定するなどの対策が必要です。

 また、落葉樹がある場合、雨どいに葉が詰まっているかもしれません。

 高い場所の雨どいは見えませんから、雨が降った時の水の流れを見て、

 「あれ?詰まってる?」

 と感じたら、早めに取り除いてくださいね。


●庭の排水状況は?

 敷地内の雨水を効率良く排水するために、浸透枡が設置されている家があります。

 建物を囲むように、四隅に設置されていることが多いようです。

 そこには、雨どいを伝った水も流れ込むので、

 年月が経つと土やホコリが溜まります。

 そこに豪雨が降ると、枡から水が溢れ出すこともあるんです。

 ですから、定期的な清掃で、流れやすくしておいてください。


●最後に、大雨関連のサイトを・・・


 国交省『河川の状況や雨量が地域ごとに分かる 防災情報』

 http://www.river.go.jp/


 国交省『ケータイで災害情報をチェックしたい時にオススメ』

 http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/i-index.html(携帯)


 気象庁『局地的大雨から身を守るために、家族と一緒に見てほしいサイト』

 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/kyokuchiame/index.html


また、気象庁が発表する『降水ナウキャスト』は、5分間隔で発表され、

1時間先までの5分毎の降水の強さを予報します。

http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/index.html

外出や屋外での作業前に、数時間先までの雨の状況を知りたい時に便利です。


天気はどうすることもできませんが、事前の準備なら私たちにもできます。

早めのケアで乗り切りましょうね。



では、また。



兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com


こんにちは、みなさん。


あなたは

『居(きょ)は気を移す』

という言葉を聞いたことはありますか?


孟子が「尽心上」に記した一節で、

『住む場所や環境が、その人に与える影響は大きい』

という意味です。

私たちが暮らす住まいは、ただの器ではありません。

家族の人間性を作り上げている大きな存在なのです。


例えば、忙しい生活をこなすために、便利さを重視した家があります。

その他にも、予算が少ないために、金額を重視した家もあります。


その家が、家族の人間性を作り上げると知っていたら、

利便性や金額だけを重視した家をつくるでしょうか?

家にいる間、ずっとその考え方に浸ると考えると・・・

ちょっと怖くありませんか?


家族の成長に対応できない家を「粗大ごみ」と表現した人がいます。

その「粗大ごみ」に数十年も住む家族は、

自身が粗大ごみ化していくといいます。

子どものために建てた家は、やがては高齢者だけが暮らす家へとなります。

その変化に対応できない家は

「粗大ごみ」と言われても仕方ないのかもしれません。


さて、世の中にはいろんな人がいます。

「IHで、お掃除の負担を減らしたい」

と、IHクッキングヒーターを導入した女性。

彼女は入居後2年間、そこで魚を焼いたことがありません。

「だって、汚れるじゃない」

これからも焼くつもりはないとのこと。


こんな人もいます。

「花粉症だから、浴室暖房乾燥機があると助かる」

という女性。

洗面所にある洗濯機で洗濯した後、隣の浴室で乾燥できるので、

作業同線が非常に短く楽です。

花粉が飛ぶ時期が過ぎても、ずっと浴室に干すようになりました。

「だって楽じゃん」

とのこと。


住まいに自分をつくられていることに気づいていないのです。



あなたが、旅行や実家への帰省を満喫して帰宅したとき

「ああ、やっぱり家が一番落ち着くな~」

と思ったことはありませんか?

すでにそれだけ、あなたは住まいと同化しています。

そのように大きな影響を持つ「家」ですから、

家づくりの最初の最初、基本中の基本を大切にしてください。


それは

「その家で、家族がどんな生活をしたいのか。

 今後どのように成長したいのか」

ということです。


「今の時代は、太陽光発電をつけなきゃ」

「オール電化は怖いから、ガスと併用しておく?」


それは、もう少し後で考えましょう。

まずは、新居でどんな暮らし方をしたいのか。

あなたと家族の幸せのための、もっと根っこの部分は何なのか。


毎日の掃除や定期的なメンテナンスをしなければ、

やがてその住まいは崩壊します。

その大切な住まいをあなたが管理するには、

どんな家づくりが合っているのか。


そう考え始めると、余計な見栄を張ることもなく、

身の丈に合った家づくりができるでしょう。


業者によっては、

「あなたのためです」

「最近の流行ですから」

と、自分本位の提案を出すところがあります。

そこに、

「あなた家族の幸せに貢献したい」

という思いがあると感じられますか?

そのときあなたが『居は気を移す』を知っておくと、

より冷静に判断できるでしょう。


ちなみにこの本文は

『孟子范(はん)より斉(せい)に之(ゆ)き、

 斉王(せいおう)の子を望見し、

 喟然(きぜん)として嘆(たん)じて曰わく、

 居は気を移し、養は体を移す、と。

 大なるかな居や。

 夫(そ)れ尽(ことごと)く人の子に非(あら)ざるか、と。』

というものです。


こう考えると、家づくりの姿勢は、とても大切です。


この『居は気を移す』は『孟母三遷』と通じるところがあります。

孟子の母親も、環境が人に与える影響を知っていました。

だから、子どものためだけに引っ越しを繰り返すことができたのでしょう。


あなたの周りには、たくさんの新しい情報が溢れています。

でも、古くから伝わる言葉の中には、

時代を超えて大切にしたい考え方があります。

たまに振り返ってみると、

今の自分に、一番必要な言葉が見つかるかもしれませんよ。



では、また。




兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。