FC2ブログ

工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、みなさん。


前回は「スマートハウス」についてお話ししました。

東日本大震災以降、もう一つ注目されているものがあります。

それは「パッシブデザイン」です。

あなたは、聞いたことはありますか?


「パッシブ」を直訳すると

「自分からは積極的に働きかけないさま。受動的。消極的」

という意味になります。

建築業界では「パッシブエネルギー」「パッシブデザイン」などとして

すでに取り入れられています。


「パッシブエネルギー」とは、

太陽の熱や光、雨や風など、自然界に存在するエネルギーのこと。

「パッシブデザイン」とは、

パッシブエネルギーを最大限に利用するための建築デザインのことです。


ちなみに、日本パッシブセンターの基準によると

冬の室温20度、夏の室温27度を保つために


1.暖房用エネルギーは、15 kWh/m2・a同等又は以下とする

2.冷房用エネルギーは、15 kWh/m2・a同等又は以下とする

3.冷暖房、給湯、換気、照明・家電に使用する一次エネルギーは、120 kwh/m2・a以下とする

4.壁・屋根など外気に面する外皮のU値は、0.15 W/m2Kを超えない(Ⅰ地域、Ⅱ地域)

5.窓(硝子と枠のトータル)は、U値が0.8 W/m2K以下を目標とし太陽熱取得率を約50%とする

6.住宅の気密性能は、50P(n50)時の漏気が0.6回/h以下とする。

 気密測定については防湿シートが見える状態で行うこと

7.熱交換換気システムによる排気からの効率的な熱交換率を80%以上とする

8.太陽熱の取得と遮光を考えること

9.再生エネルギー、自然エネルギーの活用を推奨する

10.省エネルギー照明・家電製品を使うこと


とされています。

これらは、ヨーロッパでも基準を参考にしています。


環境に配慮することで知られるドイツを始め

ヨーロッパでは、すでに普及が進んでいます。

一般家庭だけでなく公共施設にも取り入れられています。

気温が、マイナス20度になる地域でも暖房なしで過ごせるので、

スマートハウスと組み合わせれば「鬼に金棒」というところでしょうか。

家の中が、最低限の電力で温かく過ごせるので、

ヒートショックの危険が減らせ、体にも優しそうです。


ただ、気密性を高くしないといけないので、

私のように、窓を開けて換気をしたがるタイプにとっては、

ちょっと受け入れがたいものかもしれませんね。


四季や時間の変化を楽しみつつ、環境に配慮できる家。

寒暖の差が大きい日本では難しいこともあるでしょうが、

省エネ社会をつくるために、もはや避けては通れない課題になっているようです。


では、また。



兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com


スポンサーサイト
こんにちは、みなさん。


あなたは、

「家づくりをするなら、大手の方が安心」

と思ったことはありますか?

もしあるのなら、その根拠は何でしょう。

大がかりな宣伝で、知名度が高いから?

それとも、全国に多くの支店があるから?

規模が大きくて、倒産の心配がなさそうだと感じるから?


・・・残念ながら、

「大手なら安心」というのは大きな間違いです。

なぜなら、

広告宣伝費は、当然ながら、全てお客様が負担しています。

大量発注などでコスト削減の努力をしていても、

結局は、広告宣伝費用分が上乗せされてしまいます。


また、支店が多いと、自分の担当者が転勤して、

相談相手が次々と変わります。

いなくなります。

最近のアンケートを見ても、契約の決め手が

「信頼できる営業マンだったから」

と答える人は、全体の4割ほどいます。

その営業マンが転勤することまで考えているのでしょうか。

転勤ならまだしも、退職してしまったらどうするのでしょう。

住宅業界の営業マンの離職率は、決して低くはありません。


それに、家づくりは、その土地の気候に合わせなければいけません。

全国の支店で、同じ方法で家づくりをしているのなら、

その会社は、お客様のためではなく、

自分たちの都合で仕事をしていることになります。


会社の規模と維持費は比例しますよね。

規模が大きい会社は、維持費の捻出のための家づくりをすることがあります。

お客様の予算以上の家づくりの提案や、工期の無謀な短縮などです。

お客様が「支払い可能額」で家づくりをしたいと願っていても、

「融資可能額」で話をしてくる営業マンって、本当に多いんです。

その結果、お客様は住宅ローンに追われることになりますよね。

場合によっては、家を手放すこともあります。

また、無謀に工期を短縮したために、入居直後から家の不具合に悩むことになります。

実際に裁判を起こした施主もいますが、希望する保証が得られないことが多いものです。

裁判費用や精神的負担で、体調を崩す人もいます。


ところであなたは、そんな家づくりがイヤになり、

独立して工務店を興す人がいることをご存知ですか?

「大手」や「ハウスメーカー」では、

お客様に本当に提供したい家はできない、と判断した人たちです。

その地域で昔から営業している工務店と同様、

お客様のための家づくりに奮闘しています。

一方で、勉強不足で信頼できない工務店があることも事実です。

「大手だから」「小さいから」という視点では正しい判断はできません。


みなさん、

「大手だから安心」と言いきれない理由は分かりましたね。

「いい家づくりをして、地元での評判がいいから安心」

というのが「本当の安心」です。


規模の大きさをアピールして

あなたの信頼を得ようとするような会社は、

その時点で候補から外しても大丈夫ですよ。


では、また。




兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com


こんにちは、みなさん。


連休になると、完成見学会や展示場でのイベントなど、

沢山のチラシが入ります。

子どもが小さい頃は、ミニ動物園や工作教室のイベントに行ったものです。

タダで遊ばせてもらいつつ、見学者の様子を観察するのが楽しみでした。


でも、その会社の本質をチェックしたいなら、

建築中の現場を観察するのが一番です。

なぜなら、あなたの家を建てる時、その現場の様子が再現されるからです。

路上駐車・喫煙などのマナーや、現場の整理整頓の様子など、

現場でしか分からないことは沢山あります。


一軒の家を建てるには、基礎工事から始まって、

じつに多くの専門業者が関わりますよね。

それぞれ会社が違うので、全員を教育するのは簡単なことではありません。

だからこそ、どの工程の作業をしていても、

いつも現場はきれいで、路上駐車が無くて、作業員のマナーも良くて・・・

という業者は、とても信頼できると思いませんか?


ここで、実際の取り組み例を紹介しますね。

 ・建物と敷地を1日5回掃除して、常にきれいな状態を保つ。

 ・現場の土の部分にブルーシートや人工芝を敷き詰めて、

  建物が汚れないようにする。

 ・建物が雨で濡れないように、毎日ブルーシートで建物全体を覆う。

 ・路上駐車をしないために、現場近くに駐車場を借りる。

 ・書類や建材についた煙草のニオイは消えにくいので、

  現場だけでなく、会社全体を禁煙にする。

 ・現場の様子に興味があっても、質問しづらい人のために

  現場前に資料を置いておく。

 ・夜遅く、仕事帰りに見に来る施主さんとやり取りができるように、

  職人との交換ノートを吊るしておく。

などなど。


小さな工務店など、モデルハウスを持たない業者は多いですよね。

彼らの場合、現場の一つ一つが、自分たちを知ってもらう大切な場所なんです。

また、モデルハウスを持っている業者でも、

現場の大切さを知っている人たちは「現場きれい」を心がけています。


一生に一度の、数千万円もの大切な家を建てさせていただく、

という気持ちがなければ、なかなか続けられないことでしょう。


また、きれいな現場では、事故やケガが少ないのです。

さらに、意識の高い職人が多いので、質の良い仕事ができます。

そんな彼らの中には、営業マンでもないのに、

現場のご近所さんから仕事を受注することもあるとか。

「あなたなら、我が家のリフォームをおまかせできるわ」

って。


あなたが、現場前を通るときには、

車でも自転車でもなく、 ぜひ歩いてください。

意中の業者でなくても構いません。

いろんな業者を見ることで、見る目を養ってみましょう。


営業マンの印象で決めた人は、施工中の様子を見て、

「こんな会社に依頼しなければよかった」

と後悔する人もいるんです。

お散歩がてら、どんどん見学してくださいね。


では、また。




兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。