FC2ブログ

工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上棟式が終わり、工事が進むと、そこでの暮らしを想像しやすくなりますよね。

そうすると、追加工事や変更を依頼したくなることがあります。

依頼する方は簡単ですが、依頼される方は大変です。

例えば、収納の追加や間取りの変更をする場合、

構造計算からやり直さないといけないこともあります。

手すりを後付けする場合、下地からやり直さないといけないこともあります。

「追加工事をしても、工期は変えないで欲しい」

と依頼者に言われたら、業者は大変です。

このような大きな変更をする場合、契約書を交わすのが一般的です。

しかし小さな変更の場合、口約束で済ませることも多いもの。


じつは、これがトラブルのもとになりやすいんです。

変更・追加の詳細が書かれていない契約書を交わしたり、

口約束だけで契約書を交わさなかったりすると、後々どうにでも解釈できます。

これがどんなに恐ろしいことかは言うまでもありません。

誠実ではない業者は、わざとそんな方法を使って

責任逃れができるようにしておきます。

ですから、もし追加や変更を行うなら、

最初の契約と同じくらい慎重になってくださいね。


例えば、現場での会話の中で、無料だと思って依頼したら後日請求されたり、

「だいたい○万円くらいです」

と言われたから依頼したのに、それ以上の金額を請求される場合もあります。

どんなに小さい追加・変更でも、それだけ業者の仕事が増えるわけですから、

追加請求が来るのが当然だという意識を持つことが大切です。

もしあなたが

「これはサービスです」

と言われても、それを証明する書面を交わすことをお勧めします。

サービスと言われて、後で請求された事例は山のようにありますから。


ハウスメーカーの場合、仕様がある程度決まっています。

しかし工務店は自在にモノづくりができるのが特徴。

だからこそ、ついつい依頼したくなるという心理もわかります。

でも、無用のトラブルを防ぐためには、こまめな対策も必要です。


小さなトラブルでも、家に対する愛情を失わせることがあります。

新築工事中の追加や変更は、くれぐれも慎重にどうぞ。



兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trek5200.blog81.fc2.com/tb.php/118-30dc0ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。