FC2ブログ

工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は『自分でできる見積書チェック』についてです。


見積書を作ってもらう時は、

「いくつかの業者に見積もりを作ってもらい、それを見てからでないと決められません」

と、最初に業者に伝えておきましょう。

見積もりを依頼する業者の数は3社程度がいいでしょう。

それ以上だと、数が多すぎて分かりにくくなります。


ところで、前回もお話しした通り、見積書の記載方法は業者によってバラバラです。

だから、専門家でない一般の人が、それを見比べるのは至難の業です。

そこであなたに提案があります。

・単価や数量、仕様が分かるように記載する

・「一式」と表現する場合、その内容について別途記載する

というように、あなたが詳しく知りたい内容を、すべての業者に伝えておくのです。


大人が子どもに話す時、先生が生徒に話す時、

きちんと理解してもらいたいと思えば思うほど、人は相手に伝わりやすい言葉を選ぶものです。

それができない業者は、コミュニケーションを大切にしていないといってもいいでしょう。

見積書は、ただ金額を比較するためのものではありません。

相手の人間性までも見抜けるものなのです。


兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trek5200.blog81.fc2.com/tb.php/126-e86264ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。