FC2ブログ

工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんにちは。

総務省に統計局ってありますね。

もし、あなたがHPを見た事がないのなら、

時間があるときに、是非一度検索してみてください。

何の興味も持てないものから、とても興味深いものまで

いろいろな調査・統計をしています。

例えば、他人のお財布事情。

「いくら貰ってるの?何にいくら使ってるの?貯金ってどれくらい?」

なんて、普通は失礼すぎて聞けません。

でも、とっても興味ありますよね。


『二人以上の世帯 1世帯当たり1ヶ月間の収入と支出』

という統計があります。

あなたも、ここに属しますか?

例えば平成22年4月分の場合、

世帯全体の実収入は474,616円。

世帯主、配偶者、事業・内職の収入まで記載されています。

実支出は422,257円。

食費・住居費・水道光熱費など、細かく細かく記載されています。

ちなみにエンゲル係数は20.0%。

「エンゲル係数(%)=食費÷消費支出×100」

エンゲル係数が高くなるほど食費以外にお金が回せない状態、

大ピンチ、ということです。

これはあくまで統計で、同居家族の人数に違いがありますから、

過敏に反応しなくてもいいですよ。

「ウチはこんなに貰ってないよ・・・」

「こんなに使えたら生活は楽だろうね!」

なんて怒らないで下さい。

地域や勤務年数によっても収入は全然違うんですから。

ただ、家計を見直す参考にはなりますね。

(ついついハマってしまいそうなので、お時間のある時にどうぞ)


年収が低い層より高い層の方が、インターネットの利用率が高い、

というデータがあります。

パソコンでもケータイでもネットを活用できるのは、とっても便利。

でも、収入の低い層は、

そこは削れる部分と判断してやりくりしている方が多いんですね。

正社員が減り、契約社員の増加の影響などもあり

世帯収入の減少傾向は続いています。

今後は年収300万円の世帯が増えてくると言われています。

これで子どもをたくさん育てて、家を建てて・・・なんて厳しいですよね。


子どもの学費、老後の資金、といった大きい支出の他にも

車検、税金、保険といった、少額とはいえない定期的な出費もあります。

収入の中からコツコツ蓄えて、残った額をどう使えばいいのか、

家族、特に夫婦で話し合うことは大切です。

奥さんがお金を全て管理していて、ご主人は何も知らない、

という家庭は多いですよね。

あなたのお宅はどうですか?


収入と支出をしっかり把握することが、

家づくり、資金づくりの基本です。

でないと、見直すこともできないし、

いつまでたっても頭金は貯まりません。

よく、「家は欲しいけど頭金が貯められないんです」

という声を耳にします。

でも、貯めている人は貯める努力をしています。

他人のためではなくて、自分たち家族のためになることです。

あなたも、ちょっと心掛けてみませんか?




兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trek5200.blog81.fc2.com/tb.php/29-65ee34ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。