工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんにちは。


あなたも御存知かもしれませんが、

アメリカなどでは、就職し安定した収入を得るようになると、

今の暮らし方に合った中古住宅を購入することが多いそうですよ。

やがて家族が増えると、また暮らし方に合った家を探すんです。

もちろん新築する人もいますが、中古住宅は日本より身近な存在です。


日本では、アパートや借家で生活しながら頭金を貯めて、

一生に一回の家づくりをする人が多いですよね。

中古住宅は比較的安価で購入できるのは魅力的ですが、

寿命が短い上に、劣化の程度が分かりません。

見えるところだけリフォームして、床下は腐っていた、という事例もあります。

修理代に泣いた人もいることでしょう。


最近は、寿命100年や200年の家づくりを目指す会社が増えています。

そのため、その家の履歴(カルテ)をきちんと作って、

安心して売買できるような仕組みづくりが始まっているんです。

現在の中古住宅市場には、まだまだ心配な面もありますが、

数年後には、履歴がはっきり分かる中古住宅が増えていることでしょうね。


ところであなたは

「人生で最大の買い物は『家』ではない。『住宅ローン』だ」

と聞いたことがありますか?

長期に渡って改修の必要がないように、良い材料を使って新築するので、

どうしても金額が膨れ上がってしまうのが、今の日本の家づくり。

当然、借入金が増えるので、利息も多くなります。

そこで、

「これはもったいない。

 とりあえず、今、家族が家に求めるものって何だろう」

という視点で、家づくりを考え方を見直す人が増えています。


例えば、食器洗浄乾燥器や、24時間換気装置などは

いくら最新式のものを導入しても、次々と新型が出ます。

それに、寿命が来たら交換しないといけません。

新型は高価ですが、一つ前の型でもちょっとオトクですよね。

だから、

「我が家に必要な機能がついていればいい」

という視点で考えていくと、金額が膨れ上がるのを防げます。


また、

「子どもが巣立ったら、暮らし方に合ったリフォームをしよう」

という前提で家づくりをすると、考えるのも楽です。

これから数十年も満足し続けられる家づくりを考えるなんて、大変ですからね。


よく、

「今は景気が悪いから、家を建てるのが怖い」

「でも、ずっと借家暮らしは嫌だし、早く借りないと主人の年齢が…」

といった声を聞きます。

住宅ローンは長期戦なので、慎重になって当然です。


仮に2000万円を借りて2.0%で30年間支払った場合、

総返済額は約2660万円。

金利が3.0%になると、総返済額は約3040万円になります。

景気が良かった頃は7%なんて頃もありましたから、

利息を考えるとゾッとしますね。


「不景気」というのは、お金の使い方を考えるのには絶好の機会です。


耐震性や断熱性といった基本的な性能を満たす家をつくり、

余計な利息を払わず、その分リフォームやメンテナンス・グレードアップなどの

費用に当てる、という考え方なら、

あなたに負担の少ない家づくりができることでしょう。


ただ、ハウスメーカーは

「バスルームはこの3製品から、キッチンはこの5製品の中から」

などというように、使える製品に限りがあります。

「ある程度選択肢が狭い方が、悩まずにすむから助かる」

という人には良いんですが、

「自分達の生活スタイルに合ったものを選びたい」

「必要な機能が付いていればいいから、その分コストカットしたい」

という人には向いていません。


最近は、

「低金利で、税金の優遇制度があるから絶好のチャンス」

という宣伝も聞かれ、実際に新築する人が増えているのは事実です。

しかし、準備が整っていない人が慌てるのは危険です。


貯金などの準備期間に、

「家づくりにどこまでお金をかける必要があるか」

「そこでどんな暮らしをしたいのか」

などを家族で考えると、

「見栄を張って予算オーバーした。もう家を手放すしかない」

なんていう失敗を防げますよ。


だから、決して慌てないで下さい。

自分たちの生活に必要な「家」のあり方を、ぜひ考えてみて下さいね。




兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trek5200.blog81.fc2.com/tb.php/52-c80178d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。