FC2ブログ

工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、みなさん。


あなたは、阪神淡路大震災の時、

死者の92%が地震発生から14分以内に

亡くなっていたことをご存知ですか?

原因のほとんどが、建物の倒壊による圧死や窒息死。

実は、私は知らなかったんです。

東北での震災後、阪神淡路大震災を振り返った報道の中で

始めて知りました。


うちのスタッフは、

地震発生の前日まで、神戸市長田区の親戚宅を訪れていました。

その親戚宅は、震災で跡形も無く崩壊したそうです。

長田区と言えば、被害が大きかったところですよね。

住宅地には、古い家屋が密集した部分もあって、

「もし火事になったら大変だろうな」

と、子どもの頃から思っていたとか。

お風呂が無い家が多いのか、銭湯が賑わっていたそうです。

被害の大きかった灘区も、

同じように古い木造住宅が多かったんです。


この震災の時、木造住宅よりプレハブの方が残っていたらしく、

「地震にはプレハブの方が安全」

という印象を、世間に与えてしまいました。

当時の新聞でも、そう報じられました。

でも実際は、耐震性の弱い古い家屋が多かっただけなんです。

あの時、木造住宅の良さを知る業者たちは、

誤った情報を止められず、それはそれは悔しい思いをしたそうですよ。


今、またそれが繰り返されようとしているように感じます。


東北では、津波がいろんなものを飲み込んでしまいました。

その中で、いくつかの家が残りました。

その様子を基に、また偏った情報が出たり、

不安感を狙って、詐欺まがいの変なセールスがあるかもしれません。


現在のところ、あの大きな津波の被害を避けようと思ったら、

津波が来ない高台に家を建てるしかありません。

でも、建物が津波に流されなくても、中はぼろぼろになります。

補修するのには、相当な費用がかかります。


一方、地震対策ですが、

阪神淡路大震災を境に、建物の耐震性は格段に向上しました。

ある程度の揺れにも耐えられるようになっています。

ただ、築年数の古い家は、まだまだたくさんあります。


また、以前は新築の際に地盤を調査することが

義務付けられていませんでした。

なので、弱い地盤の上に耐震性の高い家を建てているケースが

あるかもしれません。


さらに、性能をアピールしつつ手抜きをする業者もいるかもしれません。


「お宅の外観を見たんですが、ちょっと傾いてますね。

 早く補修工事をしないと大変なことになりますよ」

とか

「この地域の地盤が弱いことが分かって、順番に地盤改良をしているんです。

 液状化現象の被害を御存知でしょう?」

というような、一見親切に見える悪徳業者が来たら、注意して下さいね。


普段は訪問業者を追い返す人でも、

不安に感じている部分に付け込まれたら、つい反応してしまいます。

そんな時は、私でなくても構いません。

あなたの家を建てた業者か、地元で長く営業している業者に、

本当に補修する必要があるのかを、まず相談して下さい。


既に、もう悪徳業者が出現している地域もあるそうです。

残念なことに、人の不安に付け込むような業者は、いつの時代にもいます。

どうかどうか、気をつけて下さいね。


では、また。





兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trek5200.blog81.fc2.com/tb.php/70-f53a3aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。