FC2ブログ

工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、みなさん。


住宅ローンを選ぶ時、

「固定金利にするか変動金利にするか」

ということで悩む人は多いですね。


最近の実態を見ると、変動金利を選ぶ人は全体の約半分です。

住宅金融支援機構のホームページに統計が記載されています。

( http://www.jhf.go.jp/about/research/loan_user.html )

利用者の動向を知りたい時には、こちらをどうぞ。


さて、「固定か変動か」ということの他に悩むのが、

「ボーナス払いをするか、しないか」

ということです。


これについては、

「ボーナスを当てにすると危険だから、繰り上げ返済に当てた方がいい」

「子どもが小さいなら、教育費がかからないうちに

 ボーナス払いを併用して、返済期間を短縮したほうがいい」

と、専門家の間でも意見が分かれています。

あなたはどう考えますか?


もし、ボーナス払いをする目的が

「借入金額を増やすために」

ということなら、それは危険な考え方です。

なぜなら、ボーナスが支給されなくなった時に対応できなくなるからです。

「万が一の時は、全部を月払いにしても払える」

という金額をまず考えて、月々の負担を少し軽くするという視点で

ボーナス払いを利用したほうが賢明だと思いませんか?


また、実際に住宅ローンの支払いがスタートすると、

「老後の資金や教育費を貯蓄できない」

というケースもあります。

収入に対しての返済負担率が高い人は、毎月貯蓄する余裕が無いかもしれません。

それに、広い家に住むことで光熱費が増えたり、

新しい趣味を見つけたりと、暮し方が変わる事で、

支出も変わってくるんですね。


ならば、

「ボーナスは、あえて住宅ローン以外の資金として貯める」

という方法はいかがでしょう。


これから先、住宅ローンの他にも、「老後の資金」「教育費」

「車の買い替え」など、まとまったお金が必要になるシーンがあります。

子どもの結婚資金を援助することになるかもしれません。

それに、新築して10~15年後には、

壁や屋根のメンテナンスには、100万円前後の費用が必要になるかもしれません。

毎月の支払いをしながら、項目別の貯蓄ができる家庭なら大丈夫でしょうが、

もし心細いなら、ボーナスをそちらの資金に当てた方が、

いざという時慌てませんよね。


あなたが住宅ローンの返済方法を決める時には、

住宅ローン以外の資金の必要額や貯蓄の方法を、

事前に家族と話し合っておくといいですね。



では、また。





兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trek5200.blog81.fc2.com/tb.php/74-eb06b65b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。