FC2ブログ

工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、みなさん。


「より快適なキッチンを作ることが、家づくりの最大のこだわり」

という奥さまは多いですね。


毎日使う場所なので当然ですが、

実際に住み始めてから、使いにくさに気付く人もいます。

憧れで選んで失敗することのないよう、一緒におさらいしましょう。


まず最初に確認しておきたいのが、キッチン全体の広さです。

幅と奥行きのバランスで、まったく違ったキッチンが生まれます。

次に、食器棚や冷蔵庫などの寸法を測ります。

冷蔵庫はいずれ買い換えるでしょうから、出し入れのスペースも考慮します。

「新居では、お漬物や梅干しをつくろう」

と思っているのなら、それを置くスペースを考慮しないといけませんね。


さあ、残りのスペースが分かりましたね。

そのスペースで、あなたに快適なキッチンを考えましょう。


ところで、あなたの今のキッチンの作業スペースは、

縦横何センチですか?

そのキッチンは快適ですか?

もっと広い方がいいなら、具体的に何センチ広げたいのか、

実際に測ってみてください。

作業スペースでは、

まな板を置くだけの人もいれば、ピザやうどんを作る人もいます。

それぞれ求める広さは違うので、実際に使う人が確認するのが一番です。


最近のコンロやシンクは大きめです。

作業スペースをどれ位確保したいのか、具体的に確認しておかなかったために

「狭くて不便になった・・・」

と嘆く人もいるんですよ。

まず優先順位を決めておくと、そんな失敗を防げます。

そんな風にしていくと、システムキッチンのタイプは

おのずとI型・L型・U型と絞られてきます。


それから、来客の頻度や、奥様の性格を考えることも大切です。

忙しくてこまめに片付けられないのなら、アイランド型はちょっと……。

壁に向かう配置で、リビングとつながっているのなら、お客様にまる見えです。

これも、こまめに片付けられない人には厳しいですね。


対面式なら、ある程度の目隠しスペースが確保できますが、

アイランド型のような開放感はありません。

普段利用している姿を思い出しながら考えてください。


キッチンの広さ・いつもの使い方・奥さまの性格を見ていくと、

無理なく快適に使えるキッチンが絞られてきます。

あとは、奥さまの理想と、どのようにバランスを取っていくか。


もし展示場やショップにいくのなら、そこのキッチンで

実際にシミュレーションをしてみるといいですね。


最後に、床下収納についてひと言。

床下収納の上を歩くと、普通の床と感覚が違います。

シンク前など、長時間作業をする近くに設置すると、

足もとの違和感が気になるんです。


これは、料理をしない営業マンの視点では考え付かないんでしょう。

ハウスメーカーで建てた複数の知人から

「あれは失敗だった」

と何度も聞きました。


こだわりを持ちたい場所の失敗は、精神的なダメージが大きいんです。

目で調べるだけでなく、あなたの体の感覚も活用してくださいね。



では、また。




兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trek5200.blog81.fc2.com/tb.php/78-9cfb6307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。