工務店三代目の憂鬱

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、みなさん。


あなたは、

「家づくりをするなら、大手の方が安心」

と思ったことはありますか?

もしあるのなら、その根拠は何でしょう。

大がかりな宣伝で、知名度が高いから?

それとも、全国に多くの支店があるから?

規模が大きくて、倒産の心配がなさそうだと感じるから?


・・・残念ながら、

「大手なら安心」というのは大きな間違いです。

なぜなら、

広告宣伝費は、当然ながら、全てお客様が負担しています。

大量発注などでコスト削減の努力をしていても、

結局は、広告宣伝費用分が上乗せされてしまいます。


また、支店が多いと、自分の担当者が転勤して、

相談相手が次々と変わります。

いなくなります。

最近のアンケートを見ても、契約の決め手が

「信頼できる営業マンだったから」

と答える人は、全体の4割ほどいます。

その営業マンが転勤することまで考えているのでしょうか。

転勤ならまだしも、退職してしまったらどうするのでしょう。

住宅業界の営業マンの離職率は、決して低くはありません。


それに、家づくりは、その土地の気候に合わせなければいけません。

全国の支店で、同じ方法で家づくりをしているのなら、

その会社は、お客様のためではなく、

自分たちの都合で仕事をしていることになります。


会社の規模と維持費は比例しますよね。

規模が大きい会社は、維持費の捻出のための家づくりをすることがあります。

お客様の予算以上の家づくりの提案や、工期の無謀な短縮などです。

お客様が「支払い可能額」で家づくりをしたいと願っていても、

「融資可能額」で話をしてくる営業マンって、本当に多いんです。

その結果、お客様は住宅ローンに追われることになりますよね。

場合によっては、家を手放すこともあります。

また、無謀に工期を短縮したために、入居直後から家の不具合に悩むことになります。

実際に裁判を起こした施主もいますが、希望する保証が得られないことが多いものです。

裁判費用や精神的負担で、体調を崩す人もいます。


ところであなたは、そんな家づくりがイヤになり、

独立して工務店を興す人がいることをご存知ですか?

「大手」や「ハウスメーカー」では、

お客様に本当に提供したい家はできない、と判断した人たちです。

その地域で昔から営業している工務店と同様、

お客様のための家づくりに奮闘しています。

一方で、勉強不足で信頼できない工務店があることも事実です。

「大手だから」「小さいから」という視点では正しい判断はできません。


みなさん、

「大手だから安心」と言いきれない理由は分かりましたね。

「いい家づくりをして、地元での評判がいいから安心」

というのが「本当の安心」です。


規模の大きさをアピールして

あなたの信頼を得ようとするような会社は、

その時点で候補から外しても大丈夫ですよ。


では、また。




兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trek5200.blog81.fc2.com/tb.php/92-383395cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。